最近あった出来事、ご近所の方とのちょっとしたトラブル

56465

最近、コチラのサイトを参考にして太陽光発電パネルを設置しました。

 

それ以来、近所の方から、太陽光発電パネルにについていろいろ話かけられるようになりました。

 

今の住所に住み始めて8年になりますが、太陽光がきっかけで、知り合った80歳代のおばあさんがいます。

 

自分の身の上話などを話している内に、徐々に仲良くなりました。

 

そんなある時、その女性に、私が生協で食品を頼んでいることを話したら、その女性は、「私も生協で、食べるものを買いたいから、一緒に頼んでくれる?」と言われました。 私はその時何も考えず、「いいよ」と返事してしまいました。

 

そして、その女性は、一週間に一度、生協のものを頼むために家に来るようになりました。そして、その女性と私は、今まで以上に、家族のことや、自分のこれまでのことなどいろんな話をするようになりました。

 

お昼から来られて、夜遅くまで話し込んだりすることも珍しくありませんでした。

 

その女性は話好きで、いろんな話をしていく中には、他のご近所の方の悪口や、他の人の悪口も含まれていました。

 

私は、ご近所のトラブルに巻き込まれたくなかったので ご近所の方の悪口は、できるだけ同調して言わないようにし、話を聞くだけにしていました。

 

そんなふうに仲良くなって2年ぐらいが経った頃、 家の近くにあったコンビニが潰れ、銀行のATMが遠くなり、お金の出し入れが頻繁にできなくなってしまいました。

 

その女性は生協の会員になっていなかったので、その女性が頼んだ生協の代金と、自分の代金が一緒に私の口座から引き落とされることになっていました。

 

なので、私は、そのご近所の女性が生協で頼んだ食品の分のお金を預かり、銀行にそのお金を預け入れなければなりませんでした。

 

でも、銀行のATMが遠くなったことで、預け入れに行くのがしんどくなってしまったのです。それで、私は生協の配達の人に何気なくその話をしました。

 

すると生協の人は、「会員になってもらえるようその女性に頼んでみる」と言ってくれたので、私は安心していました。

 

ところが、そのご近所の女性は、生協の方に会員になるよう勧められても、「私は絶対に会員にならない」と言い張り、会員になる事をあくまで拒み続けました。

 

私はその様子を見ていて、なんか自分がその女性に利用されているような気持がして、 嫌な気持ちがしました。

 

そこで、私は、生協で食品を頼むことを止め、普通のスーパーで買い物をすることに決めました。

 

そして、その旨をご近所の方に話しました。すると、その女性はそれを聞いてちょっと不愉快そうな顔をされましたが、私はそのご近所の女性と、ある一定の距離を保った方が良いと考えるようになっていましたので、「生協のものは高くて頼めなくなった」とやんわりと断りました。

 

それ以来、私は、やはりご近所の方とは仲良くなりすぎず、ある一定の距離を保って付き合うことが大切とこのことを通して痛感しました。

Post navigation